手首の痛みと病気

手根管症候群

ここでは手首の痛みの原因である、手根管症候群について詳しく説明していきます。

手根管症候群とは、手首の中を通る正中神経という神経に何かしらの原因によって圧迫を受けることで、手のしびれや痛みを起こしている状態の事です。
正中神経は、骨と靭帯で囲まれた手根管という管の中を通っている為、手根管症候群と名付けられています。

sponsored link



手根管症候群の原因は、手を普段から酷使していることが主な原因と考えられます。しかし実際には原因が分からないこともあり、原因が分からない場合は両手ともに症状が現れることも少なくありません。他には、妊娠や出産によるホルモンバランスの崩れやそれに伴うむくみによるもの、糖尿病や甲状腺機能亢進症や関節リウマチなどの病気と関連することも原因として挙げられます。
症状は、手首の親指側にしびれや痛みが現れるのが特徴で、通常小指と薬指の半分には症状が現れません。手の平にも現れますが、手の甲には現れないのも特徴的です。また、症状が進むと手の筋肉の痩せが顕著に見られます。特に親指の付け根の膨らんだ筋肉が痩せ細り、物を掴んだりつまんだりする動作に支障を来たします。

治療法としては、手首をテーピングやサポーターで固定する保存療法が取られます。しびれや痛みなどの症状に対しては、消炎鎮痛剤やビタミンB12などを服用します。なかなか治らない場合には、圧迫を受けている正中神経を神経開放術という手術で開放することも必要となります。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、手首の痛みの原因となるTFCC損傷について詳しく説明しています。


⇒ TFCC損傷

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
tekubiitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。